-ともダッチ・レシピ- 〜キャンプ料理レシピ集 レシピの一覧>>
コートレッタ・アラ・ミラネーゼ
〜ミラノ風カツレツ
私が初めてイタリア(ミラノ)に行った時、パスタを差し置いて初めて食べたのがこの料理でした。のちにローマで食べたサルティンボッカ・アラ・ロマーナとともにイタリア料理はスパゲッティだけじゃない!と極めて当たり前なことに気づき(笑)、再認識した次第です。
コートレッタはつまりコートレット、つまり(笑)カツレツ。少量の油で焼き揚げる方法です。これはダッチオーブンやスキレットにもってこいの料理というわけです。
本場は仔牛肉を使います。けれどこちらではまず手に入らないので豚肉(豚かつ用のロース)で代用しました。
●作り方●
●材料(4人前)●
豚かつ用ロース4枚、パン粉、パルメザンチーズ
クレイジーソルト(もしくは塩・コショー)、卵1個
オリーブオイル適量、クレソン適量、レモン1個

<DOは9スキレットを使用>
少量の油で焼き上げるためにも、肉を叩いて薄くします。(叩けば繊維も切れて柔らかくなります)

肉叩きでやればいいのでしょうが、アウトドアですからペグ打ちハンマーに銀紙を巻いて代用。
やや大袈裟ですが面積が2倍くらいになるよう薄くします。
クレイジーソルトを両面にふり、下味を付けておきます。
(塩・コショーでもOK)
衣を作ります。
出来るだけ細目のパン粉か、普通のものを砕いて細くしたりします。
パン粉200gに対してパルメザンチーズ大さじ5杯をよーく混ぜ合わせます。

同時に溶き卵を別の器に用意。
肉を溶く卵にくぐらせてパン粉を付けます。
ここが重要なのですが、包丁で斜めに軽い切れ目を入れます。
これで肉の反り返りを防げます。
プレヒートしたスキレットに、5mmくらいオリーブオイルを引き、中火のまま肉を焼き上げていきます。
両面が軽いキツネ色になったらキッチンペーパーなどで油を切ります。
クレソンと櫛切りのレモンを添えて。

この料理はアツアツはもちろん、冷めてもいけます。
レモンをかけるといっそうすっきりして食べれます。

こんな食べ方もあります!


■さてどうだったのか?■
なんといってもチーズの風味がいかにもイタリアンで新鮮。
調理は少量の油で出来るので、結構キャンプにもあっています。(残った油は新聞紙などに吸わせるといいと思いますよ)
ミラノのあるレストランで裏技的な食べ方を見つけました。それはこれに少量のしょう油をかけて食べる方法。実はあるミラノ駐在の商社マンの方が流行らせた食べ方で、イタリア人にもすごくウケたようです。その名も「スズキ・スペチャーレ」(=鈴木さんスペシャル)


ともダッチ・レシピのTOPへ|   |HOME


Copyright(c) SAM All rights reserved since 1st Dec. 2001









*

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース