ジャージャー麺(炸醤麺)
すごく昔にこの名前を初めて聞いたとき、一瞬「食べ物の名前か?」と疑ってしまいました(笑)
一見ミートソース、その味はまさに中華と不思議な麺ですが、これは結構キャンプ料理として使えます。
出来れば中華なべで作りたいところですが、これに関しては鍋振りが不要なので、スキレットを思いっきりプレヒートすることで、中華なべと同じ作り方が可能です。
●作り方●
●材料(4人前)●
中華麺4玉、ひき肉300g、きゅうり1本、
生椎茸2個、水煮たけのこ適量、ネギ適量
中華スープ200cc、テンメンジャン大さじ4、豆板醤少々
水溶き片栗粉適量、胡麻油

<DOは10インチスキレットを使用>
下準備をします。

まずスープを用意。
具材(椎茸、たけのこ、ネギ)をみじん切りにして、きゅうりを千切りに。
水溶き片栗粉も作っておきます。
十分にスキレットをプレヒートします。これによって焦げ付きがなくなります。
油を引き、ひき肉を香ばしくいためます。(脂が出てくるくらいまで十分に)
そこにみじん切りの野菜をすべて入れます。
ここからは中火。
豆板醤をくわえます。
このときのポイントは、必ず鍋肌に落とすこと。
こうすると香りが出て尚且つ辛さが和らぎます。
香りが立ったら全体を混ぜます。
そしてテンメンジャンを入れ、再び全体を混ぜます。
具材全体に味が絡むようによく混ぜます。
なかなか麺ゆでと同時には出来ませんので、ここで火を止めてもかまいません。
麺を時間通りにゆで、水でよく洗い、ぬめりを取り、ザルにあげておきます。
再び火をいれ、スープを注ぎ温まったらまず火を止め、水溶き片栗粉でトロミを出します。
(いっぺんに片栗粉を入れないで、加減を見ながらのほうがうまくいきますよ)

仕上げは胡麻油をかけまわします。
さらに麺を盛り、きゅうりを乗せたら、具材を半面にかけて完成。


■さてどうだったのか?■
濃厚な具にさっぱりのきゅうりがよく合いますね。
ボリュームもありしっかりとした食事にもなります。今回は非常にオーソドックスな作り方と具材ですが、いろいろとこれを工夫してみるといいかもしれません。
テンメンジャンがかなり甘いので、大人用だったら豆板醤やや多めがオススメです。


ともダッチ・レシピのTOPへ| |CooK DOのTOPへ| |HOME


Copyright(c) SAM All rights reserved since 1st Dec. 2001









*

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース