-ともダッチ・レシピ- 〜キャンプ料理レシピ集 レシピの一覧>>
グリルド・ハーブチキン
バルサミコ風味
ハーブチキンというのは二つ意味があるようで、ハーブを食べて育ったチキン、もしくはハーブで調理したチキン。もちろん今回のは後者です。
ダッチオーブンで作るチキンはたいていローストが相場ですが、小麦粉をまぶして蒸し焼きにすれば、これまたカリッとして美味しく出来上がりますよ〜。
今回の調理にはダッチパンを使いましたが、(蓋のある)スキレットでもいいですね。
お手本はくまちゃんママ
くまちゃんママのレシピは主婦らしい美味しい夕飯のおかずがたくさんあり、おかずを考えるときに困ったら是非に参考にしてみるといいですよ〜。
今回参考にさせていただいたのは「チキンのハーブ焼き」。チキンとローズマリーの相性は抜群。
そしてこのレシピの大元はあの室井シェフがSPのダッチぶんぶくで作られたもの!
オリジナルレシピをみよう
◆ここをアレンジしてみました◆
オリジナルの味付けはワインビネガーとアンチョビペースト。そこで考えたのが同じお酢系ということでバルサミコ酢。柔らかい酸味で焼き物とよく合います。
●作り方●
●材料(4人前)●
鶏もも肉3枚、にんにく3片
バルサミコ酢、しょう油、砂糖
(生の)ローズマリー3本

<DOは10インチダッチパンを使用>
もも肉は半分の大きさに切り、軽く両面塩・コショーしておきます。
にんにくは輪切りに。

ソースはバルサミコ酢大さじ1.5、しょう油大さじ1.5、砂糖大さじ1.5を混ぜておきます。
焼く直前にもも肉に小麦粉をまぶします。だまにならないように余計な小麦粉ははたいて落とします。
ダッチにオリーブオイルを多めに引いた後そこから火をつけます。
弱火のままにんにくを入れ、油に香りを移します。
キツネ色になる前ににんにくを取り出しておきます。
今度は強火で、まず皮のほうから軽くこんがり焼きます。
その後裏返し、裏面にも軽く焼き色をつけます。
火を弱めて、皮を下にしたら取り出したにんにくを鶏肉の上に乗せ、さらにローズマリーを乗せます。
蓋をして中弱火で5分。
しっかりと蒸し焼き&香り付け。
蓋を絶対に開けてはいけません!
時間になったら今度は裏返し、また上側にローズマリーを乗せ、蓋をして1分蒸し焼き。
蓋を取り、ローズマリーを取り出します。
火を中火にして、ここにソースをかけ回します。
ソースを煮詰めながら、肉を数回裏返して絡めます。

いい色になったら出来上がり。
盛り付けしてから、煮詰まったソースをかけます。

最後にローズマリーを飾りに。


■さてどうだったのか?■
ローズマリーはやはり鶏との相性がいいですね〜。バルサミコ酢も煮詰めることですっぱさが飛び、風味だけが残ります。
この料理の味をたとえるなら、「上品な焼き鳥」といったところでしょうか(笑)
おしょう油が入ったことで和風にもなっていて、これまた(ポークソテーに続いて)ご飯がいけちゃいます!
オリジナルのアンチョビ風味も絶対美味しいので、作り比べてみてください!


ともダッチ・レシピのTOPへ|   |HOME


Copyright(c) SAM All rights reserved since 1st Dec. 2001









*

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース