-ともダッチ・レシピ- 〜キャンプ料理レシピ集 レシピの一覧>>
ディアボラ風チキンソテー
小悪魔風というちょっとピリ辛ソースで
どっかで聞いたような名前ですよね(笑)。でもこのディアボラというのは案外一般的で、スーパーカーにもあった「ディアブロ」と同じ意味です。要は「(小)悪魔風」ということなんですけど、二つの謂れがあって、鶏の背開きが悪魔の顔のカタチに似てるとか、唐がらしのピリ辛い風味が小悪魔に例えられた、そんなところのようです。ここでは下味をつけたカリッとしたチキンソテーに、この小悪魔風のソースをかけたものとして仕上げてみました。
●作り方●
●材料(4人前)●
鶏モモ肉500〜600g(約2枚)、たまねぎ1個
イタリアンパセリ少々、輪切り唐がらし少々、オリーブオイル
クレイジーソルト(もしくは塩・コショー)、おろしにんにく、しょう油

<DOは10インチスキレットを使用>
鶏もも肉は1枚を半分にして、クレイジーソルト(無ければ塩・コショー)、さらにおろしにんにくを満遍なく塗りこみます。
皮の方だけ、ちょっとしょう油を塗っておきます。
こうするとカリッと香ばしくなります。
野菜はたまねぎ、イタリアンパセリをみじん切りに、唐がらしを1本(辛目がスキなら1本半)を輪切りにしておきます。
スキレットに大さじ1のオリーブオイルを敷き、中火でスキレットを温めます。(あまりやりすぎると皮が焦げすぎちゃいます)
皮側からスキレットで香ばしく焼きます。
皮がカリッときつね色になったら反対側を軽く焼きます。
外側に火が通ればそれでいいので、一旦お皿に取り出します。
そこにたまねぎ、唐がらしを入れ一気に炒めます。
やや透明になるまで。

このとき別バーナーに蓋を熱しておきます。
皮を上にして鶏肉をもどします。
熱した蓋をして、弱火にします。
5分くらいで火が全体に通り、鶏肉は皿に移します。
残ったたまねぎにイタリアンパセリを加え強火で煮詰めます。
そのアツアツソースを鶏肉にかけて出来上がり。


■さてどうだったのか?■
特に難しい調理法はありませんが、スキレットやダッチオーブンで作ると間違いなく美味しく出来ます。こんがりと焼き、それをたまねぎで蒸し焼きにすれば、甘みのあるソースとジューシーな鶏肉がベストマッチ。ちょっとピリカラに仕上げるので、ご飯のオカズにもぴったり。ちょっとアレンジして全く同様の作り方で、ハンバーグもいいかもしれませんね。


ともダッチ・レシピのTOPへ|   |HOME


Copyright(c) SAM All rights reserved since 1st Dec. 2001









*

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース